石橋友佳子のミーハーブログ

ミーハーなネタをアップしていきます(*ˊ˘ˋ*)♪

“優しさ”が物語の鍵に?

こんにちは!


新しいこと、有名なもの、話題性のあるもの、ゴシップネタ(笑)、菅田将暉、イケメン、イケ女、ドラマ、美味しい食べ物、旅行が大好きな石橋友佳子です(≧▽≦)


7月27日に第1話が放送された『dele』\(^ω^)/


デジタル遺品の中の秘密を紐解きながら、隠された真実を解明していく模様を描く本作。


山田孝之演じる坂上圭司が経営する「dele.LIFE」は、依頼人の死後、


その確認が取れ次第、依頼されたデジタルデータを削除する仕事を請け負っている!


今後も本作ではデジタル遺品をもとに、様々な謎に立ち向かう2人が描かれていくことが


予想されるが、本作が視聴者を引きつけるその魅力は、なんなのだろか(*゜ロ゜)!?


まず、なにより『dele』の新しさはデジタル遺品を扱う作品であるということであろう。


本作以外にも遺品にスポットを当てた作品は存在するが、『dele』 における


デジタル遺品となると、幾分事情が複雑になる。というのも、


本来は仕事の方針として、たとえ圭司らが見たところで何とも思わない内容であろうと、


「中身は見ない」という圭司のルールがある。


そもそも依頼人がデータ削除を依頼した理由は、誰にも見られたくないからであって、


たとえそれを請け負う側とはいえ、見ないことが故人の望みである以上、


見るということは故人の意志に反する行為なのだ!


加えて、『dele』の魅力に巧みなアクションの演出があるo(^▽^)o


肉体派でアクティブな祐太郎の豪快なアクションシーンもさることながら、


車椅子に座る圭司にも華麗な演出をしてみせた( ☆∀☆)!!!


クールな圭司との見事な対比となっているが、今後、


祐太郎がどのような形で圭司に影響を与え、また、


2人のバディの強さをどう向上させていくのかが楽しみだ♪(*´∀`*)


 さて、『dele』は原案の本多孝好とともに、前述の金城一紀をはじめ、


瀧本智行、青島武、渡辺雄介、徳永富彦らが脚本を務め、


毎話で異なる人間ドラマが繰り広げられる。圭司と祐太郎の連携プレー、


そして舞が2人にどのような影響を及ぼすのかも含めて刮目したい\(^ω^)/


こんばんの放送も楽しみですね!!!!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。